自分にあった解消法を・・

心の疲れは切り離せる?

周囲にストレスがいっぱいの現代社会では、日頃から疲れを感じることが多くあります。 会社にどうしてもウマの合わない人がいる、いつも嫌味ばかり言ってくる、ご近所さんはウワサ話のネタを探し回っていて本当は会いたくない……人間関係のわだかまりは、どこへ行ってもつきものです。

また、身体の疲れと心の疲れは切り離せるものではなく、心に疲労が溜まれば身体にも疲れが出てきます。 影響が顕著に表れるのが胃腸などの消化器官です。無意識に身体を維持するための自律神経の内、癒しをもたらす副交感神経が制御しているのが消化器官なのです。

いつもイライラして緊張状態が続くと、副交感神経がうまく働かずに、胃腸に影響をもたらします。そのまま進むと、自律神経失調症やうつ病、適応障害など、疲れただけでは済まない事態に陥ってしまいます。

そうならないために、自分なりの疲れ解消方法を見つけておく必要があります。 ストレス解消に重点的にアプローチしても良いですし、身体の緊張状態の解消にアプローチしても良いです。結果的に心と身体はつながっているため、全体の疲れが解消されてゆきます。

身体の緊張状態を解消

まずは効果的なストレス解消方法です。 思い切り食べたり飲んだり、カラオケで熱唱する人も多いと思います。どんな方法でも良いですが、終わった後に気持ちがスッキリしていることが重要です。

それをしている間だけ忘れられる、という一過性の解消法だと、結局思い出してしまって再発、ということになりかねません。おすすめは、心から感動できる体験をすることです。例えば満天の星空を見ると、自分の悩みがちっぽけなものに思えることがあります。

大好きな音楽や映画でも良いですし、美術館でも良いでしょう。心が揺さぶられると、疲れていたことを忘れて、いつの間にか解消しているものです。身体の緊張状態を解消する方法はどうすれば良いでしょう。 簡単なのはマッサージや整体を受けることです。

ただ、受けた直後はスッキリ解消したように思えて元気が出ますが、あっという間に戻ってしまうこともあります。 理想は、ちょっと疲れを感じたときに軽いストレッチなどですぐに直してしまうことです。肩が凝ったと思えば意識的に腕や首を回す、ずっと座っていて腰が疲れたら軽く回すなどです。

何も意識しないで行うと、それほど効果はありませんが、身体全体のバランスを整えるという意識を持って回してみてください。人間がもともと持っている力を引き出してあげることができます。

心と身体の疲れは影響し合っているので、片方が解消されると自然にもう片方も解消されます。 そして、疲労しにくい心と身体を作っていくことで、様々な病気を予防することができます。