この吐き気、食べ物で解消できる?

食べたも大丈夫?

どんな時に吐き気をもよおしますか?おそらく多いのは、お酒の飲み過ぎ、食べ過ぎ、乗り物酔いでしょう。そういった吐き気の解消には、皆さんさまざまな方法を試していると思います。

ひたすら我慢する、一回吐いてしまう、寝て過ごすなどありますが、残念なことに実際はどれも解消するには至らないものです。発想の転換として、食べ物で何とかできないでしょうか。

実際に吐きそうになっている時には、胃は何も受け付けません。どんな食べ物も受け付けないからこそ、吐きそうになっているのです。ただ、ある程度吐き気が軽減してからであれば、食べ物によって解消することは考えられそうです。

梅干しがお勧め

何も食べ物をとりたくない時に無理をする必要はありませんが、「これだったら食べられるかも」というものはいくつかありそうです。おかゆはピッタリです。食べると安心できますし、胃にもやさしく、温かく染み渡る感覚がします。

食べた後に吐いてしまった場合にも、喉や食道に残る感覚も少なく、最適です。梅干しも良いです。吐いていると水分とミネラルが失われてしまうので、梅干しで塩分を補給しましょう。

酸味の強いものは唾液腺を刺激し、消化機能を促進します。胃腸の活動も正常に近づきます。 吐いてから時間が経っても治らない場合、胃にやさしそうな食べ物をとることで、早く回復することができるかもしれません。 あくまでも自分が食べる気になったときに、食べられそうな物をとってみましょう。