睡眠不足が吐き気の原因?

自律神経が影響?

睡眠時間がうまくとれなかったり、寝る態勢が整っていなかったりして、休息が取れていないと、寝不足となります。そして寝不足が慢性的になると、吐き気を誘発することがあります。

同時にめまいや頭痛なども起こることがあり、早めに対策を打って解消しなければうつ病へ進んでしまう危険があります。 寝不足というものは、自律神経に影響が強く出ます。本来は自律神経はバランスを保ち、起きている時と寝ている時にうまく適合するように働きます。

しかし寝不足になるとそのバランスが崩れ、身体のあちらこちらに症状が出るようになります。

寝る直前に身体を温めると良い眠りに・・

寝不足気味だと感じているなら、その吐き気の解消はまず睡眠時間をきちんと取るところから始めましょう。良い眠りのためには、寝る直前に身体を温めたり、ちょっとしたストレッチをするのがおすすめです。

一瞬だけ交感神経を刺激すると、反射的に副交感神経が優位になり、スムーズに眠りに入れるようになります。また明かりを完全に暗くするのも有効です。布団に入ったら携帯電話の画面を見ない、ちゃんと身体を横たえて寝る、というのも睡眠をきちんと取るためには重要なことです。

吐き気解消には睡眠をきちんと取ることです。そうすると、身体の他の不調も自然におさまっていきます。睡眠くらい大丈夫、と思うかもしれませんが、人間の身体は様々なバランスの上に成り立っているのです。