現代の夏ばてには自然を感じて撃退を!

胃腸が弱くなって、胃が痛い、吐き気

夏ばてと言うと、暑くて動く気力がない、エアコンを効かせすぎて温度差が辛いというものをイメージします。

そして、夏ばて解消にはうなぎ、焼き肉など精力のつきそうなものが良いとされたり、食べやすいそうめんをよく食べたりします。実はこの生活は、余計に夏ばてを進めてしまっているのです。

夏になると胃腸が弱くなって、胃が痛い、吐き気がするという人も多くいます。そういった人ほど、よくそうめんを食べ、逆にコッテリしたものも食べ、いつも飲むのは冷たい飲料だったりします。

この吐き気など胃腸の不調を解消するには、暑いなりに暑い思いをすることが効きます。

炭水化物だけの摂取にならないように気を付ける

家にいる間が大切で、夏ばて防止のためにもできるだけエアコンの温度は下げないようにしましょう。少し暑いという位にとどめておくか、エアコンを付けながら窓を開けるなどして、部屋が冷えすぎないようにします。

そうすると、身体の体温調節機能がリセットされてちゃんと働くようになり、昼間の外気とオフィスの温度差にも負けない身体になります。食生活も、冷たいものや油っこいものは少な目にして、温かいものを意識的にとりましょう。

そうめんの時には具材を豪華にして、炭水化物だけの摂取にならないように気を付ける必要があります。そうしていると、夏ばてによる吐き気が解消していきます。

おまけに身体全体が軽く感じられるようになってきて、元気に夏を過ごせるようになります。