胃もたれによる吐き気を解消するには?

逆流性食道炎の可能性もあり

食べ過ぎや飲み過ぎによって胃もたれを感じると、同時に吐き気を催すことがあります。 胃液が上がってきているような気がする、いわゆる逆流性食道炎の可能性もあります。

そんなどんよりした吐き気はすぐにでも解消したいものです。胃薬を使う人もいるでしょうし、確かに毎日飲んでも大丈夫な胃薬もあります ただしその胃もたれ自体が慢性的に続くようであれば、ストレスによって自律神経のバランスが乱れている可能性があります。

胃もたれが、食べ過ぎが原因ではなく、胃の機能が弱っているせいで起こっているかもしれません。

ストレスが関係していることも

胃もたれと吐き気を解消するには、ストレスへの対策を考える必要があります。長時間労働などで睡眠時間が取れていないなら、その環境を何とかして変えるように動きましょう。

人間関係でストレスが絶えない場合は、こちらの受け止め方を変えて、必要以上にストレスを受けないように工夫したいところです。ストレスを受けている間は身体も心も緊張しているため、自律神経の交感神経が優位に働いています。

しかしそれを解放してリラックスするためには、意識的に副交感神経が優位になる時間を増やすように心がけることが大切になります。ストレス解消も一時的なものではなく、根本的に対応することを考えましょう。

胃もたれだけでは済まず、精神病に進んでしまうかもしれません。その前に対策を打つようにしたいものです。