飲んだ後のひと工夫で二日酔いを寄せつけない!

翌日に残さない工夫が必要

お酒を飲むようになると、どうしても二日酔いになるほど飲んでしまうことがあります。 本当は飲み過ぎないのが一番だとはわかっていても、楽しいお酒であったり、逆にどれだけ飲んでも全く楽しくないストレス解消のためのお酒だと、量がついつい多くなってしまいます。

二日酔いで辛いのは、主に吐き気と頭痛です。もちろん胃腸も食べ物を受け付けません。 二日酔いにならないようにするために、飲む前後に何かの対策をしている人もいます。飲む前にウコン系ドリンクや胃腸を保護するものを飲んでおくというのはメジャーな対策です。

あわせて、飲んだ後にもいろいろな方法で翌日に残さない工夫があります。

水分をとって、体内のアルコールを薄める!!

飲んだ後にすでに吐き気があれば、一度吐いてしまうと良いです。少しだけスッキリと解消した気になると思います。 胃の中から余計なものを出しておき、その上で水分をとって、体内のアルコールを薄めておきましょう。

まだ吐き気がない場合は、自分の胃に合ったやさしい飲み物をとっておくことが二日酔い防止に効果的です。例えば豆乳飲料、飲むヨーグルト、野菜ジュースなど、気分的にも健康なものがおすすめです。

また、飲んだ後は血行が悪くなるので、湿布薬を貼って対策する人もいます。 二日酔いになってから解消するのはどうしても長引きますが、飲んだ後の対応で良くなることもあります。

自分に合った方法で、朝の辛さをうまく逃しましょう。