二日酔いの解消する方法

水分やビタミンを予め摂取しておく

ハタチを超えれば誰でも1回は経験する二日酔い。ひどい頭痛やめまい、そして吐き気や全身のこわばりが現れます。二日酔いの日が仕事であれば、解消するまではなかなか業務に本腰が入らないし、休日であれば下手すれば丸一日がつぶれてしまいます。一刻も早く解消したいものです。

どんな飲み方をすると二日酔いになるのか、経験を重ねていくとわかってくるようになります。二日酔い解消法も、いろいろと試していくうちに自分に合ったやり方を編み出していくようになります。

まずは、そもそも二日酔いにならないで済めば解消に悩むこともなくなります。 ポイントは、水分やビタミンを予め摂取しておくことと、お酒を飲みながら、水分も同時にとることです。 アルコールはまず肝臓でアセトアルデヒドに分解されます。そして、アセトアルデヒドが二酸化炭素と水に分解されます。

このどこかで分解能力が足りなくなると、体内に有害物質として残ってしまい、二日酔いになってしまいます。そうならないために胃へのアルコールの負担を軽減することが大事で、飲む前のサラダやドリンク剤で対策しておきます。胃腸への刺激が緩和されるようになると同時に、ウコンやビタミンなどで体の代謝機能が一時的にアップします。

飲んでいる最中も、アルコールによる利尿作用があるので、常に水分補給を心がけましょう。水分が足りないと、アルコール濃度が高くなってしまいます。 こうした対処によって、二日酔いが起こりにくくなります。

控えた方が良いこと

二日酔いになってしまったら、どうにか解消したいものです。一日を無駄にしてしまいかねません。二日酔い解消でも、水分を摂取することが大事です。吐いたり下痢になったりで、胃腸の能力は非常に落ちている状態です。

そんな時に迎え酒をしたり、油っこいものを食べてしまうと、余計に症状をキツくしてしまいます。 水を飲んでも吐いてしまわない程度に回復したら、次はおかゆ等の胃にやさしいものを食べましょう。

温かくてエネルギーのあるものは、体全体の不調解消に効果的です。もちろん辛いものや炭酸飲料などは避けたほうが良いです。二日酔い解消のために、熱いお風呂に入る人がいますが、これは危険なのでやめましょう。

水分不足の状態で熱いお風呂に入ると、さらに水分が奪われてしまいます。ドロドロの血液がさらにドロドロになって流れ出すことで、心臓への負担が高くなります。二日酔い解消どころか、さらにめまいに襲われる可能性があります。 頭痛や吐き気解消には、好きな匂いの温かい飲み物などもおすすめです。

気分がスッキリすることは、不快感解消に非常に効果的です。肩や首の筋肉の張りも少し良くなることで、頭痛もやわらぐでしょう。 二日酔いへの対策は、飲む前から飲んでいる最中、そして朝にもやれることはたくさんあります。自分に合った方法で酔い過ぎることを予防して、お酒の席を楽しみましょう。